バイオリン情感豊かに 半年ぶり、サロンで演奏会 高崎
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 

 演奏会「ヴァイオリンと過ごす日曜日」が12日、群馬県高崎市の小規模ホール「モーツァルトサロン」で開かれた。同サロンでは約半年ぶりの演奏会で、耳元に押し寄せるバイオリンの音色が約20人の聴衆を魅了した。

 同サロンを運営するバイオリニストの篠原郁哉さんが演奏。ピアニストの高橋瑠美さんの伴奏で情感たっぷりに弾き上げた。今年生誕250年に当たるベートーベンに光を当て「バイオリンソナタ第7番」全4楽章や「ロマンス」を披露した=写真

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事