巨大カブトムシに熱視線 桐生・昆虫の森が開園15周年イベント
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 

 群馬県桐生市新里町のぐんま昆虫の森(阿部誠園長)は11月3日まで、開園15周年記念イベントを開いている。

 「カブトクワガタ展」は昨年に続き開催し、8月30日まで。段ボール造形の大きなカブトムシやクワガタは子どもたちの人気を集める=写真。約430点の標本を展示し、ヘラクレスオオカブトやミヤマクワガタなど計約30匹を飼育。桐生新里東小の今井由良々さん(8)は「足に毛が生えていた」と目を輝かせた。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事