久々の晴れ舞台 力強い演奏でSL歓迎 安中総合学園高の和太鼓部
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 

 蒸気機関車(SL)の運行に合わせて、群馬県の安中総合学園高和太鼓部「飛翔」の部員21人が、安中市のJR横川駅で演奏を披露した。新型コロナウイルスの影響で、今年はほとんどの地域イベントや大会などが中止。部員たちは久しぶりの晴れ舞台で力強い音色を響かせ、乗客らをもてなした=写真

 演奏はSLの出発と到着に合わせて実施。部員たちは大小の和太鼓を表情豊かに打ち鳴らし、駅構内を沸かせた。乗客らからは温かい拍手が送られていた。

 同部は市内外のイベントに年間約60ステージ出演するなど存在感を発揮している。今年はコロナの影響で、出場が決まっていた全国大会やイベントの中止が相次ぎ、地元の人との交流や発表の場を失っていた。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事