渋川「1000人ロック」今年は動画で熱い演奏 きょうネット公開
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
音楽愛好家が演奏する様子をまとめた動画

 新型コロナウイルスの影響で群馬県渋川市の音楽イベント「1000人ROCK FES.GUNMA2020」が中止になったことを受け、主催する実行委員会は1日、音楽愛好家130人が自宅やスタジオで演奏している様子を1本にまとめた動画をインターネット上で公開する。

◎コロナ猛威の世界を音楽で元気に
 同イベントは1000人が一堂に会して課題曲を一斉に演奏する恒例行事。イタリアの音楽祭「ROCKIN’1000」を参考に企画された。今年は代替イベント「1000人ROCK WEB SESSION」として、5月に愛好家から米国のロックバンド「Foo Fighters」の代表曲「Learn To Fly」を演奏する様子を撮影した動画を募集した。国内のほか、イタリアからも2人の応募があった。

 動画は約4分。老若男女が一体となり、思い思いの格好や表情で奏でる姿を捉えた。CGの映像で本来の会場の伊香保グリーン牧場(同市)を再現し、現地でセッションしているかのような臨場感に仕上げた。

 動画冒頭で「イタリア、そして世界中のロッカーにこの演奏をおくります」とのメッセージを添えた。感染症が猛威を振るう世界各国を、音楽で元気づけたいとの思いだ。

 柄沢純一郎実行委員長は「これまで距離が遠くてイベントに来られなかった人にも参加してもらい、面白い映像ができた。来年こそは現地で演奏してもらいたいという気持ちが一層高まった」と話している。

 動画は動画投稿サイト「ユーチューブ」で公開される。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事