「頭文字D」描いたマンホール巡ろう 渋川 カード配布に行列も
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
多くのファンが訪れたJR渋川駅前の特設会場

 人気漫画「頭文字(イニシャル)D」の主人公らを描いたマンホールのふたを巡って楽しむデジタルスタンプラリーが1日、渋川市で始まった。JR渋川駅前の特設会場では図柄の一つを載せたマンホールカードが配られるなどし、多くのファンが訪れた。

◎カード配布は2日も特設会場で実施
 午前9時のカード配布開始前におよそ250人が列を作った。栃木県鹿沼市の火ノ川輝さん(51)、佳枝さん(49)夫妻は同7時半から並び、高木勉市長から受け取った。ファン歴約20年という佳枝さんは「7カ所のマンホール全てを回る。聖地で、作品の世界に浸って楽しみたい」と笑顔で話した。

 訪れた人たちは渋川駅前プラザ前のふたにスマートフォンをかざしてラリーを開始。伊香保温泉街を中心に設置された残りの6枚を目指して出発していた。

 デジタルスタンプラリーは市のアニメツーリズム推進事業の一環。カードは2日も特設会場で配布し、3日以降は同プラザ1階の「しぶさん」で配る。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事