《鉄路を彩った名車両》ED42 1 碓氷峠で活躍のアプト式機関車
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
碓氷峠鉄道文化むらに展示、保存されている同機(アプリ「上毛新聞AR」をインストールしたスマホやタブレットをこの写真にかざすと動画を見ることができます)
熊ノ平駅近くのトンネルを出る「ED42」の1号機=1963年、向郷輝一さん撮影

 群馬県と長野県にまたがる、旧国鉄信越線横川―軽井沢駅間の碓氷峠にあったアプト式区間で活躍した電気機関車「ED42」の1号機。「E」は電気機関車を、「D」は動輪の数を表している。1934年に製造された。

 アプト式は線路中央に設置したラックレールと車体の下に取り付けた歯車をかみ合わせて走る仕組み。最大66.7パーミルという碓氷峠の急勾配区間を通行するために採用された。

 63年の新線開通に伴い、アプト式区間とともに役目を終えた。準鉄道記念物に指定されており、安中市の碓氷峠鉄道文化むらで展示、保存されている。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事