夜空に収束願う 前橋青年会議所がランタンを飛ばすイベント
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
色とりどりのランタンとサプライズで打ち上げられた花火

 新型コロナウイルス収束を願って色とりどりのランタンを飛ばすイベントが16日夜、前橋市の楽歩堂前橋公園で行われた。近くの河川敷からサプライズで330発の花火も打ち上げられ、ランタンの光と鮮やかな大輪の花が夏の夜を彩った。

 新型コロナの影響で中止となった前橋花火大会の代わりに夏の思い出をつくってもらおうと、前橋青年会議所(小林久峻理事長)が企画した。風船を和紙で覆って作った500個ほどのランタンは、風の影響などで上空に舞い上がるまではいかなかったものの、一帯を幻想的な雰囲気に包み込んでいた。




 【お知らせ】アプリ「上毛新聞AR」をインストールしたスマホやタブレットをこの写真にかざすと動画を見ることができます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事