水面を照らす灯籠 館林で「まちのみらい」イベント
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 

 群馬県の館林市と板倉、明和両町の小学生が「まちのみらい」をテーマに文字や絵を書いた灯籠を流す「DREAM LIVE2020」(館林青年会議所主催)が23日、同市城町近くの鶴生田川で開かれた。「宇宙へのげんかん口となる街」「みどりがいっぱいのきれいなまち」などと書かれた灯籠100基の明かりが水面みなもに揺れた=写真

 新型コロナウイルス対策で参加者を最小限に絞り、インスタグラムで生配信した。同会議所の谷田川明弘理事長(34)は「子どもたちに未来を明るく考えてほしかった」と話した。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事