軍艦模型や英雄双六 桐生・野間清治資料館「少年少女の雑誌と付録展」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 

 群馬県桐生市出身で講談社を創設した野間清治(1878~1938年)の教育的な功績を紹介する「少年少女の雑誌と付録」展が、同市新宿の野間清治資料館(桑原昭二館長)で開かれている。野間が創刊した人気雑誌「少年倶楽部くらぶ」「少女倶楽部」「幼年倶楽部」の原本や付録など、約250点を展示している=写真

 3誌は大正期に続けて創刊。各誌には毎号、軍艦三笠の組み立て模型、「日本名将大鑑」「大東京名所カード」「英雄すごろく」といった、楽しいだけでなく教養も深められる付録が付いていた。

 会期は来年1月末まで。企画展「ジョン・レノンとビートルズ」展も同時開催している。野間に関する常設展も楽しめる。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事