重伝建の歴史分かりやすく 絹撚記念館で企画展 桐生
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 

 群馬県桐生市巴町の絹撚記念館(三井雅彦館長)の第17回企画展「ジュウデンケンって何?」が11月29日まで、同館で開かれている=写真

 国の重要伝統的建造物群保存地区(重伝建)に指定されている同市本町一、二丁目などについて、その歴史や指定の経緯、建造物の特徴などを約30枚のパネルで紹介している。矢野本店や有鄰館といった約15カ所の建造物は個別に紹介。「けんねん君」と「あさみお姉さん」というキャラクターの会話を軸に、親しみやすい形式にした。三井館長は「子どもにも分かりやすく、楽しめる内容。ぜひ見に来てほしい」と呼び掛けている。

 新型コロナウイルス感染症の影響で、当初の予定より会期を延長した。

 午前9時~午後5時。月曜、祝日の翌日休み。月曜が祝日の場合は営業。小中学生50円、高校生以上150円。問い合わせは同館(0277-44-2399)へ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事