高品質 伝統の岩島麻を出荷 東吾妻で保存会が作業
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 

 高品質の麻として知られる群馬県東吾妻町の「岩島麻」を作る岩島麻保存会(海野信義会長)は14日、同町三島の鳥頭とっとう神社で、宮内庁への奉納用や月ケ瀬奈良晒保存会(奈良県)などに向けた出荷作業をした。乾燥させた黄金色に輝く麻の出来を確認し等級を分け、丁寧に束にしていた=写真

 岩島麻保存会が町内の約5アールで栽培した麻で、会員が収穫後、8月下旬に加工しやすいように発酵させ、麻き作業をして乾燥させていた。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事