祭りの熱気を全国へ オンラインで「桐生八木節まつり」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
中継でつなぎ、祭り気分を盛り上げた会場

 新型コロナウイルスの影響で今夏中止となった「桐生八木節まつり」に代わるイベントとして、群馬県桐生市の市民有志による「オンライン八木節まつり」(同実行委員会主催)が20日夜、インターネット上で開かれた。同市本町の「プラスアンカー」駐車場など各所を中継で結び、全国に八木節の熱気を伝えた。

 動画投稿サイト「ユーチューブ」のライブ配信を活用し、動画で踊り方を指導したり、事前に撮影した八木節のプロモーション映像を披露したりした。午後8時ごろからは各所を中継でつなぎ、それぞれで踊りながら祭り気分を味わった。

 イベントは、同市出身でセールスプロモーションを手掛けるフロンティアインターナショナル(東京都)社員の山沢健太さんが発案。市民有志に呼び掛けて実行委を立ち上げ実現させた。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事