半年ぶりの「湯もみ体験」 勢いよく水しぶき 草津温泉・熱乃湯
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
半年ぶりに再開した「湯もみ体験」を楽しむ参加者

 新型コロナウイルス感染拡大の影響で4月から休止となっていた草津温泉名物「湯もみ体験」が2日、草津町の観光施設「熱乃湯」で再開した。観光客は湯もみ板で勢いよく水しぶきを上げ、約半年ぶりとなる体験を満喫した。

◎再開初日は14人が体験
 湯もみは、熱乃湯で毎日行われている「湯もみと踊りショー」の中の体験コーナーだったが、4月18日の熱乃湯の休館に合わせて休止となった。5月22日にショーは再開したが、密集を避けるため、体験は引き続き休止となっていた。

 試験営業として、10月中の毎週金曜のみ実施。体験は1日4回で、湯もみ単独で行う。感染防止対策として、1回につき最大2組16人までに制限する。11月以降は今後の状況を見て決める。

 再開初日は14人が体験。「湯もみガールズ」と呼ばれる女性たちの指導を受けながら、手拍子に合わせて軽快に板を動かした。大阪府から訪れた松島早紀さん(21)と八木風佳さん(20)は「湯もみは草津以外では体験できないので、良い思い出になった」と笑顔を見せた。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事