八木節で誘客を 桐生市 本年度キャンペーンスタッフ 11人を認定
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 

 群馬県の桐生八木節まつりの発展と桐生市の誘客促進に向けて、桐生八木節キャンペーンスタッフの本年度認定式が4日、市中央公民館で開かれた。継続して活動する6人を含む計11人は、全国各地の催しに出演しながら観光宣伝に当たる。

 桐生八木節連絡協議会(諏訪郁雄会長)の選抜メンバーによる音頭に合わせ、新体制で踊りを披露=写真。主催者の荒木恵司市長が認定証などを一人一人に手渡した。

 代表者宣誓でリーダーの前原朱李あかりさん=みどり市=は「第一人者として誇りを持ち、桐生市の観光宣伝事業に奉仕することを誓います」と述べた。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事