矢井田瞳さんが高崎だるまを奉納 2月からライブツアーに“同行”
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
だるまを奉納する矢井田さん

 デビュー20周年を迎えたシンガー・ソングライター、矢井田瞳さんのライブが、群馬県高崎市の少林山達磨寺で開かれた。ライブ前には、2月からツアーを一緒に回ってきただるまを同寺に奉納した。

 矢井田さんは「20周年感謝/ツアー成功祈願」と記しただるまの左目を慎重に書き入れ、本堂の前で手を合わせた。だるまを受け取った広瀬正史住職は「精進努力した結果、無事に成就しましたね」とねぎらった。だるまは後日おたき上げで供養するという。

 ライブでは伊勢崎市出身の高瀬亮佑さんらによるアコースティックデュオ「高高たかたか」と共演。アコースティックギター3本の音色を重ね、ニューアルバム「Sharing(シェアリング)」(14日発売)に収録した新曲などを法堂に響かせた。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事