アプト式「ED42」7年ぶり“復活” 碓氷峠鉄道文化むらで模擬走行
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 

 碓氷峠鉄道文化むら(群馬県安中市)で展示保存されているアプト式の電気機関車「ED42形1号機」の7年ぶりの模擬走行が11日、同施設で行われた。往年を想起させる姿で鉄道ファンらを魅了した=写真

ED42形は、1934年に信越線横川―軽井沢間の急勾配区間を通行するために開発された電気機関車。63年の新線開通に伴い、アプト式区間とともに役目を終えた。準鉄道記念物に指定されており、普段は鉄道展示館内で展示保存されている。

 車両が軌道モーターカーの力でゆっくり前進すると、カメラを持ったファンたちが一斉にシャッターを切っていた。懐かしの汽笛も披露された。

【お知らせ】アプリ「上毛新聞AR」をインストールしたスマホやタブレットをこの写真にかざすと動画を見ることができます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事