花火で「上を向いて」 安中市内10カ所で打ち上げ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 

 群馬県安中市のあんなか祭り実行委員会は、市内10カ所で花火を打ち上げた=写真。新型コロナウイルスの感染拡大を受け、毎年恒例の「あんなか祭り」のイベントや出店などを取りやめ、代替の催しとして実施した。

 下を向きがちな世の中だからこそ上を向いてもらいたいとの思いから、各所で75発ずつ打ち上げた。同会の木暮光裕実行統括本部長は「多くの市民の方に見てもらえたと思う」と話した。祭り当日の花火風景や自宅で楽しんでいる写真を対象にした「フォトコンテスト」も実施している。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事