八ツ場あがつま湖の水陸両用バス 19日に再開へ 別のバスで代替
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 

 八ツ場ダム(群馬県長野原町)のダム湖「八ツ場あがつま湖」の湖上や周辺で運行し、車両整備のため運休となっている水陸両用バスについて、運行を担う日本水陸両用車協会(東京都)は17日、代替車両で19日に再開することを明らかにした。

 代替車両は東京都のお台場や栃木県の湯西川ダム湖で使っていた「レジェンド05号」。1日5便体制は変わらない。日没が早い時季を迎えたことから最終便を繰り上げる時間調整のため、各便とも従来より10分短い70分コースとする。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事