マンドリンと詩に思いを込め 前橋で朔太郎音楽祭2020

 「マンドリンのまち前橋 朔太郎音楽祭2020」が18日、前橋市の昌賢学園まえばしホール(市民文化会館)で開かれた。優しい音色のマンドリン演奏や情感豊かな詩の朗読に約400人が聴き入った。

 前橋高と前橋女子高のギター・マンドリン部、両部の卒業生ら計23人でつくるマンドリンオーケストラが「序曲レナータ」などを演奏した=写真。前橋文学館長の萩原朔美さんらによる詩の朗読やテノール歌手の近野桂介さんの独唱、マンドリンアンサンブルの演奏も行われた。

関連記事
県内ニュース > 文化・イベントの記事