川柳で色付く「思い出の樹」 伊香保・石段街に設置
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 

 群馬県渋川市伊香保町の伊香保温泉石段街に、県民らの川柳作品を短冊にして飾った「思い出の樹」が登場した。観光客が赤や黄、オレンジの短冊で紅葉したかのように色付いた木に足を止め、楽しんでいる=写真。11月15日まで。 

 ググっとぐんま観光宣伝推進協議会県央地域部会の取り組み。同部会は9月に、県央エリア(前橋市、伊勢崎市、渋川市、榛東村、吉岡町、玉村町)での思い出をテーマにした川柳を募集した。寄せられた410点を短冊にして3基の枝に飾り付け、石段下広場に設置した。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事