命の尊さ感じて 事件、事故遺族らが展示 みどり
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 

 事件や事故で亡くなった犠牲者のパネルなどを展示し、命の大切さを訴える「いのちのミュージアム わたらせ分校2020」が11月15日まで、群馬県みどり市大間々町の市多世代交流館で開かれている。

 30人の等身大パネル「メッセンジャー」には、顔写真や事件事故の状況を記した文章、遺族からのメッセージなどが掲示され、本人が生前に着用した靴が添えられている=写真

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事