ボール遊びで子どもに笑顔 ザスパが運動教室 太田
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 

 新型コロナウイルスの影響で楽しむ機会が減った親子に、サッカーなどボール遊びを体験してもらう運動教室が26日、群馬県太田市の太田駒形小(大隅敦史校長)で始まった=写真。ザスパクサツ群馬の運動教室「スマイルキッズキャラバン」が主導して、全4回開かれる予定。

 初日は1、3年生約130人と保護者約90人が参加し、5回に分けて実施。ザスパアカデミースタッフの小椋元稀さんと真下夏樹さんが指導し、親子でボールを投げ合うなどして楽しんだ。最後は親子対決の試合も行った。

 同アカデミーの倉尾正典アカデミーダイレクターは「子どもたちを笑顔にするため、スタッフ総動員で全力で楽しませたい」と意気込んだ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事