季節行事表現精密な紙人形 渋川・赤城公民館で展示
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 

 群馬県渋川市赤城町持柏木の町田喜和子さん(84)の創作和紙人形展が12月20日まで、市赤城公民館で開かれている。季節の行事などを細部まで巧みに表現した93点が来館者の目を引いている=写真

 餅つきや端午の節句、七夕といった行事を楽しむ人々、川で遊ぶ子どもたち、田植えや養 蚕に汗を流す農家の様子などを和紙で作った。赤城地区の「上三原田の歌舞伎舞台」を題材にした新作は、舞台の上の役者とずらりと並ぶ観客の姿で、公演の熱気を伝える。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事