創立100年 願いを空に 伊勢崎興陽高文化祭 生徒が工夫
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 

 コロナ禍でも青春時代を輝かせようと、群馬県の伊勢崎興陽高(斎藤利昭校長)に9日、6色の傘300本によるアンブレラスカイが登場した=写真

 同校は今年、創立100周年だが、感染防止のため記念行事が行えない中、生徒たちが工夫して文化祭を開催。初日の同日は全校生徒が登場する動画を上映したり、クラスごとのモザイクアートに投票を行ったりした。文化祭は校内公開のみで11日まで行う。


 【お知らせ】アプリ「上毛新聞AR」をインストールしたスマホやタブレットをこの写真にかざすと動画を見ることができます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事