干し柿「おいしくなって」園児が加工体験 神流
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 

 群馬県神流町保育所の年長児3人が18日、同町の宿泊施設「古民家の宿 川の音」で、干し柿の加工体験を行った。町産の渋柿の皮むきなどを楽しみ、地元の魅力や風情に触れた=写真

 町蜂屋柿生産者組合の渋柿を使用。園児は組合員らとピーラーで皮をむき、ヘタ部分にひもを結び付ける作業をした。新井瑞基ちゃんは「楽しかった。おいしくなって」と笑顔。園児は柿数個を持ち帰って干すという。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事