ぐんま子ども郷土芸能祭り本番へ日本舞踊稽古
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 

 群馬県みどり市のながめ余興場で12月5日に開かれる「ぐんま子ども郷土芸能祭り」(県教育文化事業団主催)に出演する子ども10人が21日、伊勢崎市の赤堀公民館で日本舞踊の練習を始め、作法や所作を学んだ=写真

 市内の小学1~6年生の児童が参加。子どもたちは、指導者の若柳吉駒さん(前橋市)の言葉に真剣に耳を傾けながら、舞台で披露する長唄「菊づくし」に合わせた踊りを練習した。稽古の合間には、本番で使う花笠の飾り花の制作にも取り組んだ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事