「ノースライト」撮影現場を語る 藤岡で作家の横山さん 会場は日航機事故に関連「運命的」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
映像化された作品について語る横山さん

 群馬県の藤岡市立図書館の開館30周年を記念した講演会が21日、藤岡市民ホールで開かれた。元上毛新聞記者で作家の横山秀夫さんが、作品の映像化や海外での翻訳出版について語った。

 横山さんは映像化された作品の撮影現場を訪れた際のエピソードを紹介。NHKで12月にドラマ化される「ノースライト」で主演する西島秀俊さんについて、「求道者のような方」とし、「俳優の方と会うと刺激になる」と話した。

 「64」を契機に欧米で作品の出版が増えていることにも触れた。

 会場は記者時代に取材し、小説の題材とした日航ジャンボ機墜落事故の遺体が安置された体育館があった場所。横山さんは「ここで講演するのは運命的」と述べた。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事