夜に輝く境内の紅葉 桐生・崇禅寺で「燈花会」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 

 群馬県桐生市川内町の崇禅寺(岩田真哉住職)で22日夜、県重要文化財で本尊の阿弥陀如来像の夜間拝観「燈花とうか会」が始まった。23日まで。

 参拝客は2日間限定の開帳となる阿弥陀如来像に手を合わせた。境内の色づいたモミジなど300本がライトアップされ、訪れた人たちは幻想的な風景を写真に収めていた=写真。問い合わせは崇禅寺(0277-65-9422)。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事