プロ野球選手の卵と交流 伊勢崎高等特支と上武大の佐藤・古川選手
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 

 スポーツの楽しさを知ってもらおうと、伊勢崎高等特別支援学校は27日、群馬県伊勢崎市の同校体育館で、上武大野球部とのスポーツ交流会を開いた。生徒約80人が講師の語りや実技を通し、挑戦することの大切さについて考えた=写真

 プロ野球阪神への入団が内定した同大4年の佐藤蓮投手(22)と、プロ野球日本ハムへの入団が内定した古川裕大捕手(22)がそれぞれ講師を務めた。佐藤投手は変化球などの投球術、古川捕手は巧みな捕球をそれぞれ披露。生徒たちは2人の指導で、バッティングや2人が日頃取り組んでいるトレーニングにも挑戦した。

 今後の目標を聞かれた2人は「プロで活躍できる選手になりたい」と回答。生徒会長の中西大樹さん(3年)は「活躍を学校全体で応援している」と伝えた。最後に、講師から色紙が贈呈され、生徒たちはお礼に授業で制作した木工品を贈った。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事