伊勢崎銘仙 色鮮やかに30点展示 27日まで群馬県庁で企画展
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 

 伊勢崎銘仙の魅力を紹介する企画展が27日まで、群馬県庁31階物産展示室で開かれている。2016年に伊勢崎市の市民有志が呼び掛け、職人やテキスタイルデザイナーとともに復活させた「21世紀銘仙」など、色鮮やかな着物や反物約30点を展示している=写真

 21世紀銘仙は「いせさき銘仙の会」代表世話人の杉原みち子さんと、伊勢崎銘仙プランナーの金井珠代さんが発起人となり、伊勢崎銘仙特有の技法「併用絣へいようがすり」をよみがえらせた。併用絣の制作過程を説明するイラストや3種類の柄の21世紀銘仙を公開している。


 【お知らせ】アプリ「上毛新聞AR」をインストールしたスマホやタブレットをこの写真にかざすと動画を見ることができます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事