丈夫で長持ち盛り籠作り 太田で竹工芸入門の市民教室
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 

 生涯学習の推進を目的に、群馬県太田市は7日、市社会教育総合センターで市民教室「竹工芸入門」を開き、市民22人が盛り籠を仕上げた=写真

 講師は太田竹工芸愛好会の久保田耕一郎さんら会のメンバーが務めた。受講者は用意された竹ひごを使い、しなるように時折水を吹き掛けるなどしながらクモの巣編みの籠を2時間ほどで編み上げた。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事