高崎のキングオブパスタ2020 カーロが2度目の頂点に
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
優勝したカーロ(中央)、2位の高崎リングロード、3位のルームスの代表者
優勝したカーロのパスタ「赤城鶏の鶏ハムとほんのり山葵のクリームソース」

 群馬県高崎市内のパスタの名店が自慢の味を競う祭典「キングオブパスタ2020」(実行委主催)の表彰式が8日、市内で開かれ、投票でカーロ(同市連雀町)が2014年以来2度目の頂点に輝いた。

 カーロは「赤城鶏の鶏ハムとほんのり山葵わさびのクリームソース」を出品。少しアクセントのある刻みわさびと、だしの効いた鶏のスープで濃厚かつさわやかなソースに仕上げ、しっとりとした赤城鶏のハムと合わせた。オーナーの小板橋浩一さん(47)は「信じられない。コロナ禍にもかかわらず、開催していただいた関係者、店に食べにきてくれた多くのお客さんに感謝したい」と喜んだ。

 2位は高崎リングロード(同市筑縄町)の「極み和風だし薫るサーモンとタラコのスパゲティ」、3位はルームス(同市鞘町)の「上州牛と高崎野菜のビーフシチューパスタ」だった。今回の投票総数は1555票だった。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事