若者の力でにぎわい 桐生中心街で複数のイベント
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ちょいにげmarketで目当ての品を買い求める客

 若者が主催する「マチヤマルシェ」、「ちょいにげmarket」など複数の市が8日、群馬県桐生市の本町通り周辺で開かれ、にぎわった。

 マチヤは、桐生を拠点に活動しているお笑いコンビ「ワンクッション」がリフォームした古民家2軒と空き地を会場に開催していたが、うち1軒が先月解体され、この日は規模を縮小して開かれた。

 手作りのヘアゴムやアクセサリー、焼きたてのピザなど13店が並び、品定めする来場者であふれた。ワンクッションの佐藤涼平さん(34)は「出店希望者は増え続けている。空き地や空き家を借りて、マルシェの規模を大きくして街を盛り上げたい」と話した。

 本町2丁目の駐車場で開かれたちょいにげは、地域の若者らのグループ「THE MOVE」(藤井宜人代表)が昨秋始めた市。この日はデニムをリメークした服や焼き鳥、ドーナツなど13店が出店した。メンバーの増子蘭さん(34)は「いすを多めに置いているので休憩所としても使ってもらえたら」と話していた。

 二つの市は原則、毎月第一土曜の桐生三大市と同時開催される。今回は8日開催の桐生天満宮古民具骨董こっとう市に合わせた。骨董品を展示販売する桐生我楽多市も開かれ、大勢の客でにぎわった。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事