本の福袋で冬休みを楽しく 太田・新田図書館
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 

 年末年始に普段と違うジャンルの本を楽しんでもらおうと、群馬県の太田市立新田図書館(山崎弘子館長)は19日、職員が選んだ本3冊を詰め合わせた「クリスマス福袋」を貸し出した=写真

 中身が見えないようにした大人用と子ども用を12袋ずつ用意。袋には「新しい年の生活のヒントになりそうな本を集めました」「かわいくて心があたたかくなるような本をえらびました」と職員のコメントが書かれている。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事