プログラミング 動画とラジオで楽しく 元日から小学生向け番組
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
番組進行役のGPA公式Vチューバ―「鶴乃舞」

 小学校でのプログラミング教育必修化を踏まえ、上毛新聞社はプログラミングの楽しさを小学生に伝えるプログラミング教育番組を制作した。元日にスタートし、1~3月に週1回のペースで計13本を動画投稿サイト「ユーチューブ」で配信する予定。番組内容はエフエム群馬でも放送し、動画とラジオの“ミックス発信”で視聴者の理解を深める。

 番組のタイトルは「ぐんまプログラミングワールド(GPW)」で、1本約15分。プログラミング教材「スクラッチ」を使った講義と関連コーナーで構成する。

 ぐんまプログラミングアワード(GPA)作問委員会の大学教員3人が月替わりで講師を務め、初めて学ぶ人にも分かりやすく教える。関連コーナーにはGPAの歴代受賞者らを招き、プログラミングの魅力を紹介する。GPA公式Vチューバ―「鶴乃舞つるの まい」が進行役として登場し、番組を盛り上げる。

 動画は1月1日から、GPA公式ホームページで視聴できる。エフエム群馬での放送は同日の開始以降、3月26日までの毎週金曜の午後7時15分から15分間。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事