自作マシンの速さ競う 工業系5高校が県大会
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
手作りマシンの速さを競う生徒

 「第14回マイコンカーラリー県大会」が26日、群馬県太田市の太田工業高で開かれた。県内の工業系高校5校の生徒25人が参加し、手作りの自走式マシンの速さを競った。

 初級者向けの「ベーシック」、上級者向けの「アドバンス」の2クラスに分かれて実施。S字カーブや直角のコーナーが設けられた約50メートルのコースを2回走行し、ベストタイムで順位を決めた。

 県高校教育研究会工業部会などが主催。本年度は新型コロナウイルスの影響で北関東大会が中止となったが、全国の生徒の記録を集計して順位付けするという。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事