みんなで育てた野菜収穫し笑顔 綿打農業小 太田
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 

 群馬県太田市綿打地区の子どもらに農業体験の機会を提供する綿打農業小学校(福島忠雄校長)が地区内の畑で、野菜の収穫を行い、16家族とスタッフの計45人が参加した。

 今年育てている18種類の野菜のうち、ダイコンやハクサイなどを収穫。子どもたちは大きな野菜を「大きくなって重い」などと話しながら引き抜いたり、運び出したりした=写真

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事