「多くの人へ希望を」 群大生ら製作の映画 「突然失礼致します!」 16日、高崎で上映
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ポスターを手に「コロナ禍で製作された背景を踏まえて見てほしい」と話す島津さん

 群馬大の学生を中心に、映画を愛好する全国の大学生が製作した映像をまとめたオムニバス長編映画「突然失礼致します!」が16日、高崎市の高崎電気館で上映される。宣伝用のポスターが完成し、来場を呼び掛けている。

 新型コロナウイルスの影響で活動が制限される中、「希望」をテーマにした映画を届けようと、群馬大4年で同大映画部「MEMENTO」部長の熊谷宏彰さん(22)が中心となって製作。同映画のホームページなどを通じて各映像の人気投票を行い、180作品から選ばれた66作品を90分程度にまとめた。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事