地域防災へ結束強める 高崎市消防隊、出初め式
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 

 群馬県高崎市消防隊の出初め式が10日、同市のもてなし広場で開かれた=写真。市等広域消防局職員や市内各消防団員、市女性防火クラブ員計165人が、地域防災へ結束を強めた。

 新型コロナウイルス感染症対策として、参加者を例年の5分の1に減らした。行進を観閲した富岡賢治市長は「新型コロナや大雨災害の増加など大変な状況下で、志の高い活動をしてもらっている。市民の安全・安心を守るため頑張ってほしい」と呼び掛けた。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事