氷下のワカサギと“駆け引き” 赤城大沼で解禁 釣り人が楽しむ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ワカサギとの駆け引きを楽しむ釣り客

 群馬県の赤城大沼(前橋市富士見町)の氷上ワカサギ釣りが11日に解禁され、晴天の下、訪れた500人ほどの釣り人が氷の下での“駆け引き”を楽しんだ。上司と2人で訪れたという竹内祐二郎さん(27)=片品村=は「釣ったワカサギを天ぷらにして食べるのが楽しみ」と笑顔を見せ、当たりを待った。

◎3月末まで楽しめる見込み
 この日解禁となったのは大洞、沼尻の両地区。赤城大沼漁業協同組合の青木泰孝組合長(71)は「昨年は暖冬のため解禁が10日ほど遅れたが、今年は順調。来週には他の地区も解禁になるかもしれない」と期待する。氷上ワカサギ釣りは3月末まで楽しめる見込み。


 【お知らせ】アプリ「上毛新聞AR」をインストールしたスマホやタブレットをこの写真にかざすと動画を見ることができます。



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事