本町に多彩なだるまがずらり  新春恒例のいせさき初市 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 

 新春の恒例行事「いせさき初市」(実行委主催)が11日、群馬県伊勢崎市本町の商店街を中心に開かれた。だるまや飲食の露店約100軒が並ぶ中、幅広い世代が品定めを楽しみ、古いだるまを回収所に持ち込んだ=写真

 新型コロナウイルス感染予防のため、出入り口を設けて検温や手指消毒を実施。猿回しやみこしは中止した。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事