新春恒例の初市 渋川
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 

 新春恒例の群馬県渋川市の初市(渋川商工会議所主催)が12日、市中心市街地で開かれ、だるまや招き猫などの縁起物を買い求める地域住民が訪れた=写真

 渋川郵便局前の通り約100メートルに大小のだるまや小正月用品の繭玉飾りを売る露店が並び、「勉強するよ」などと売り子の声が威勢良く飛び交った。同市の宮下文雄さん(69)は「昨年末に初孫が産まれた。孫の健康を願い、しっかりとした表情の赤いだるまを買った」と話した。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事