丸木夫妻の「原爆の図」 70年ぶり県内公開 大川美術館で企画展
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 

 水墨画家の丸木位里いり(1901~95年)と、洋画家のとし(1912~2000年)夫妻が共作した「原爆の図」を紹介する企画展が16日、群馬県桐生市の大川美術館(田中淳館長)で始まった=写真。1951年に桐生や前橋で開かれた巡回展から70年ぶりの披露で、デッサン約30点などと合わせて展示する。3月14日まで。

 今回は広島市現代美術館の所蔵作品を中心に紹介する第2弾で、「70年目の原爆の図」と題して開催。メインとなる同館所蔵の「原爆の図 第1部 幽霊」(再制作版)は縦1.8メートル、横7.2メートルというびょうぶ仕立ての大作で、悲惨な被爆者の姿を墨で表現した。

 午前10時~午後5時。入館料は一般1000円、大学・高校生600円、小中学生300円。月曜休館。問い合わせは同館(0277-46-3300)へ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事