フランス流落語に沸く 富岡・製糸場でシリルさん
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 

 日仏交流落語公演会が16日、群馬県富岡市の富岡製糸場首長館で開かれた。フランス人落語パフォーマーのシリル・コピーニ(高座名・尻流複写二)さんが、トークショーと落語で計約70人の来場者を楽しませた=写真

 トークショーでは、母国の人口や文化をクイズ形式で紹介。フランス語は世界で約2億7000人が話せるが、「アフリカで出産が増え、2060年には4億人以上になる」と説明した。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事