来月にエコノミクス甲子園 中央中等5年の2人 全国制覇に意欲
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
全国大会に出場する(左から)後藤さん、中村さん

 高校生が金融、経済の知識を競うマニュライフ生命カップ第15回エコノミクス甲子園全国大会(金融知力普及協会主催)が2月14日、オンラインで開かれる。昨年12月の群馬大会(群馬銀行主催)を勝ち抜いた中央中等教育学校(高崎市)の5年、後藤柚香さん(17)と中村胡々乃さん(17)のペアが出場、県勢初の優勝を目指す。

 高校生2人一組がクイズ形式で競う大会で、同校の全国大会出場は3年連続。16チームがオンラインで競った群馬大会は後藤さん、中村さんのチームが50問中44問を正解し、優勝した。後藤さんは別のペアで出場した前年に続く全国大会出場となる。

 全国での県勢は、2年前に同校のチームが準優勝したのが過去最高。今回は32校(32チーム)がトーナメント方式で知力を競う。2人は「金融の知識は役に立つ。ぜひ優勝したい」と意欲を燃やしている。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事