かまくらがイルミに 淡く輝き温泉街彩る 草津
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 

 穏やかな光に包まれた20個のかまくらが温泉街を彩るイルミネーションイベント「かまくらいと」が2月末まで、群馬県草津町の湯路広場で開かれている=写真

 かまくらは高さ約60センチ、直径約1.2メートルのアクリル製。中には湯畑の模型や湯の花など草津温泉にちなんだ展示物が並び、ろうそく型の発光ダイオード(LED)が淡い光を放つ。

 点灯は午後5時半~10時。主催する町商工会の担当者は「コロナ禍でイベントも少なくなっているので、訪れた人に楽しんでもらえれば」としている。






【お知らせ】アプリ「上毛新聞AR」をインストールしたスマホやタブレットをこの写真にかざすと動画を見ることができます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事