「昭和史とやくざ 重なる」 井筒和幸監督が新作「無頼」をオンラインで語る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
インタビューに答える井筒和幸監督

 8年ぶりの新作となる映画「無頼」を公開中の井筒和幸監督(68)が、30日からの群馬県内での封切りを前に上毛新聞のオンライン取材に応じ、「戦後昭和史とやくざ者の歴史はそのままかぶるんじゃないかと思った」と製作の動機を語った。

 「無頼」はやくざの組長の少年時代から、引退するまでを描いた群像劇。1956年に始まり、高度経済成長期からバブル経済期、崩壊までが映し出される。昭和時代の裏面を綿密に取材して脚本を作り上げた。井筒監督は「戦後、金もうけにしか興味がない社会が始まった。思想すらなくなった。国がそう仕向けた」と“井筒節”を展開した。

 井筒監督は差別といった社会の矛盾、日陰にいる人たちをテーマにした作品を撮り続けている。「パッチギ!」(2005年)などで高崎映画祭の最優秀監督賞を受賞。「無頼」の公開は新型コロナウイルス感染症の影響で、当初の予定より7カ月遅れの昨年12月に始まった。県内は30日から、シネマテークたかさき(高崎市)で上映される。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事