渋沢栄一と製糸場や島村との関係紹介 富岡・セカイトで資料展示
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
宮中御養蚕の様子を描いた錦絵

 実業家の渋沢栄一(1840~1931年)と世界遺産「富岡製糸場と絹産業遺産群」の関わりについて紹介する展示が30日、群馬県立世界遺産センター(富岡市、セカイト)で始まった。5月30日まで。

 渋沢はNHK大河ドラマ「青天をけ」(14日放送開始)の主人公や、新1万円札の肖像としても注目を集めている。ドラマを機に、富岡製糸場や島村地区との関係について紹介する。

 渋沢の生涯や製糸場との関わりをパネルで解説するほか、島村地区との関係を示す資料5点を展示。渋沢の推薦で田島武平が世話役を務めた「宮中御養蚕」を描いた錦絵や、武平らが島村勧業会社を設立する際に渋沢が送った書簡の原本などが並ぶ。

 同センター普及調査係の中島秀規さんは「新たな魅力として渋沢との関係を知ってもらえれば」と話している。

 観覧無料。2月は水曜休館、3~5月は最終水曜休館。問い合わせは同センター(0274-67-7821)へ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事