願いと共にだるま供養 県達磨製造協同組合のおたき上げ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 

 群馬県達磨製造協同組合によるだるまのおたき上げが30日、高崎市鼻高町の広場で開かれ、関係者ら約50人が新型コロナウイルスの収束を願いながら見守った。

 各地の初市やだるま市が中止となった影響で、集まっただるまの数は例年の半分ほどという。お経が読み上げられる中で火が付けられ、両目の入っただるまが徐々に燃えていった=写真

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事