文明生誕130年記念の17首展示 群馬県立文学館、色紙と音楽付き
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
メロディー賞受賞作は曲付きで鑑賞できる

 旧群馬町(現高崎市)出身の歌人、土屋文明の生誕130年を記念した短歌賞の受賞作品が決まり、同市の群馬県立土屋文明記念文学館で展示されている。28日まで。

 色紙賞7作とメロディー賞10作が決まった。色紙賞受賞作は、日本絵手紙協会公認講師の福田恵泉さんが色紙に書でしたためた。メロディー賞受賞作は、同館職員がイメージを膨らませて作曲し、ピアノ伴奏を付けた。映像と音楽は館内のモニターで視聴できる。
 作品は昨年10~12月に募集。県内外の10~90代から、約160首が寄せられた。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事